顧客の信頼度向上

顧客に「いつでも電話に出てもらえる」という安心感を与えられる



電話代行サービスは、2つの点から顧客の信頼度を向上させることができるといえます。

まずその1つめは、「いつでも電話に出てもらえる」という安心感です。何か言いたいことがあったり、聞きたいことがあったりした時に、電話代行サービスによって24時間365日電話に出てもらえるというのは、顧客にとって大きな安心感となります。もちろん、正規スタッフが電話に出る場合とは、その対応に差はあるかもしれません。しかし、「とりあえず」でも、誰かが自分の話を聞いてくれる、それに対して可能な限りの対応をしてくれるというのは、大変心強いのではないでしょうか。

逆にそうでない場合を考えてみましょう。電話に出てくれる時間が限られている企業を相手に電話をすることや(ひどい場合だと、なかなか電話に出てくれない企業もあります)、その企業の顧客になることを考えるとやはり、安心感は大きく異なるのではないでしょうか。

顧客が自分の感情を口にして心理的に満足できる


2つめは、「顧客が自分の感情を口にしてスッキリできる」ことです。
確かに電話代行サービスの場合は、正規スタッフが電話に出るのと比べると、対応範囲が限られてしまうかもしれません。しかしながら、現在は電話代行サービスにも様々なプランがありますので、正規スタッフでなくとも顧客の要望を十分に満たせる場合もあります。またそうでなくても、「話をちゃんと聞いてもらえた」と顧客が心理的に満足してくれるだけでも、印象は違うのではないでしょうか。

人は自分のことを聞いてもらいたいものです。特に、自分の持っている「感情」を理解してもらいたいものです。クレームなり要望なり感謝の気持ちなり、顧客が24時間365日自分の感情を口にすることができる企業というのは、やはり大きな信用を得られるのではないでしょうか。