業務効率アップ

電話代行を利用するメリット



電話代行とは、その名の通り会社に掛かってきた電話を代行して対応してくれるサービスです。電話代行を活用することでさまざまな面でメリットが生まれます。会社のオフィスでは勤務中にいつ電話がかかってくるか分からないので、常に一人は残すようにしている会社が多いでしょう。また時間外の電話になると、職員の誰かに転送されて対応する、という形をとったりして効率的にも職員への負担もかかってしまいます。そのために人員を配置させなければならないために、コストも発生してきます。

電話代行サービスを活用すると、そのような非効率な業務がなくなりますし、コストも職員を雇用するよりも安く抑えられます。また重要な案件の電話であっても応対することにより、機会損失がなくなります。

業務がスマートになる


電話代行サービスを活用すると、具体的にどのように業務が変わるのでしょうか。通常、何か業務をしている傍ら電話応対することが多いかと思いますが、電話が鳴ると今まで行っていた作業を中断して電話対応に集中しますよね。電話対応が長くなれば長くなるほど、電話を切った後今までやっていた作業に戻るのに時間がかかります。それは、電話を受ける前にどのような作業をしていたか、思い出さなければならないからです。これは意外にも時間がかかるもので、1日20本の電話を受けるとしたらいかがでしょうか。

1日の間でも、作業の中断・電話対応・作業を思い出すを繰り返すとかなりの時間の損失をしていることになります。電話代行サービスを利用することで、代わりに対応していれば、自分が掛けなければならない時でも、自分のタイミングで電話することが可能になるので、仕事の効率も大きく変わってくることでしょう。

個人でショップなどを経営されているなら、営業時間帯に応じて電話代行サービスを利用すれば人件費が抑えられます